お問い合わせ等はこちらからお願いします。

魂レベルで人生を楽しむ。そんな人でいっぱいにしたい。ひとりの仲間から、一つの言葉から、そして一つのコミュニティから。愛と勇気を胸に人生を旅する元甲子園球児の物語。

信じるに値する占いの理屈

上谷 ゆう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
上谷 ゆう
ミスチルと祭りが好き。大学卒業後はとある組織に就職。しかし、現代社会に敷かれたレールの上を走り続けるも何か違和感を感じていた。そんな折、ネット上で生み出される教育とエンターテイメントの世界に魅了され、自分の可能性を広げるため新たな世界へと進むことに。魂レベルで人生を楽しむ!そんな人を増やすために。愛と勇気を胸に人生を旅するめちゃくちゃ運が良い元甲子園球児。

こんばんは、上谷です。

今回は、
「信じるに値する占いの理屈」についてです。

 

占いってなんか胡散臭いよなぁって
正直思う人もいると思います。

僕も占いを直接学ぶまではそう思っていました。

 

ですが、占いの話の前に

・大自然の法則

・科学とオカルト

・宇宙が誕生した瞬間

の話を聞いて考え方が変わりました。

 

それでは早速、いきましょう!

 

大自然の法則

 

そもそも「運」ってなんなのか?

「運」とは、
一般的な、

おみくじで特賞が当たったり、
自動販売機の下に小銭が落ちているのを拾ったり、

的な運もありますが、笑

 

”タイミング”

って思っておいてください。

 

運が良い人は、
会いたいと思っていた人に偶然出会えたり、
不運な事故から逃れたりするんです。
(明石家さんまさんは、飛行機墜落事故
から奇跡的に逃れたことがあります。)

 

 

逆に運が悪くなると
タイミングが合わなくなります。
急な予定が入っちゃったりして。

 

そして、

「運」を引き寄せるのが、「徳」です。

「徳」というのは、いわば
何か人が喜ぶような良いことをしたり、
人が見ていないところで良い行いをすることです。

 

今は休部状態となってしまっていますが、

かつて高校野球界の西の横綱と言われたPL学園で
桑田清原らを率いて春夏連覇などを達成された

中村順司監督は、
「球道即人道」という言葉を心の拠りどころされていました。

 

力があって野球が上手いだけでは強いチームにはならない。

だから、
「全てのことに感謝して、徳を積みなさい。」
という教えを説いておられました。

 

 

「大自然の法則」ですが、

これはいわば、

自然の流れの中で、
逆らわず流れる水のように生きていけば
運も良くなる。

というものです。

 

逆にいうと
運が悪い=自然の法則に矛盾している

と言えます。

 

この世界は、
川の水が常に流れをつくって
動いているように
常に移り変わっています。

つまり、変化しています。

これを諸行無常と言ったりしますね。

 

ようは、
変化がない=不自然な状態
なんです。

水も流れがなければ腐ってしまいます。

 

科学とオカルトの境界線

 

現代科学はこれまでの科学者たちの
血と汗滲む努力の末に発展してきました。

ほんと大尊敬すべきです。

 

ですが、
現代科学は
これまでの科学者によって
勝手に定義の範囲付けがされてきたものであって、

ようは人間が定義しているわけです。

人々がキリストを神だと定義して、
キリスト教ができたように

科学も
科学者がこれまでの成果で説明がつくものを科学だと
定義して「現代科学」としてしているだけなんです。
現代科学って一神教みたいなものなんです。

 

つまり何が言いたいかというと、

今、オカルトと言われていることは
科学者が説明できないから
現代科学として扱われていないだけで、
この先、どんどん科学として認められていく

いや、認めざるを得ない状況になっていく
ということです。

 

よくよく、考えてみると
これまでの科学が発展してきた流れって
オカルトが科学になる

ってことでしたからね。

 

人間には説明できない事象がこの世には
腐るほどありますが、

長い歴史の中で人間は真理へと近づいているわけです。

 

宇宙が誕生した瞬間

 

現代科学では、宇宙はビックバンによって
誕生したと言われています。

その前はなんだったかというと

”無”

だったわけです。

ですが、本当になっんにも!
なかったわけではありません。

 

そこには、”情報”があったと言われます。

 

ようは無形のものです。
目に見えるもの(物質)として現象化されていないわけです。

 

これは僕たちの普段の行いを考えてみると
わかりやすいかもしれません。

例えば、
A君とB君がいたとして、

①A君「おい、B。ヘタレ!クソ野郎!バ〜カ!」

②B君「なんだとおおお!(ムカムカ〜!)」

③B君がA君を殴る。

④A君のおでこには大きな”たんこぶ”ができる。

 

①、②の時点ではまだ言語としての”情報”でしたが、
③から④にかけてできた”たんこぶ”は、
①、②の”情報”からの影響を受けて、”物質化”しているわけです。

 

上で言っていた宇宙の誕生って
簡単にいうとこれと同じ流れなわけです。笑

 

でもこれを知った時、
僕は革命的な衝撃を受けたのです。

上の例でいうと
①、②で”情報”が起こっていますが、
実はその前から付箋となる情報があります。

つまり、
①を引き起こすための
引き金の情報が 0、−1、−2、−3、、、、、とあって、

それが時空を超えて、④として物質化しているわけです。

 

何が言いたいかというと
僕らには想像もつかないような世界で
すでに④の原因があったということです。

そう、説明がつく範囲以前に原因があったのです。
厳密にいうとその原因は説明できないのです。笑

 

なぜならそれはA君の誕生、B君の誕生

はたまた宇宙誕生まで遡ることになるからです。

 

結局、占いってなんだ?

 

宇宙の誕生でお話しした、

「物質化する以前に”情報”が存在している。」
って考え方なのですが、

情報(初期の条件設定)から、
未来を読み解くってのが占いです。

 

が!、

ここで非常に大事なのが、

未来はビリヤードみたいに
打つ方向、速さ(初期条件)が決まれば、
結果がわかる

みたいに
簡単に捉えてはいけないということです。

 

なぜなら、観測者の影響を受けるからです。

その人自身の考え方、意思が
その人の未来に大きな影響を与えるということです。

 

結論からいうと、
こんな公式が成り立つわけです。
(ちなみのこちらの公式は
北極流の占いで使われているものであって、
抽象度が低く、すぐに白黒つけてしまうような
西洋的思想の占いではなく、日本古来の東洋的思想、
もっというと老荘思想と古神道がその軸となっています。)

 

運命=宿命(生年月日)× 自力 × 他力

 

生年月日という初期の条件設定、
つまり、情報ですね。

があって、

そこに
自力(自分自身の意思)
他力(環境)

が掛け合わされたものが運命、

ようは未来になるってわけです。

 

で、です。

結局ですよ。

 

見てもらえればわかると思うのですが、

結局、運命を決めるのは僕たちの意思だってことです!

 

占いは、そのための手助けをするためだけのものなんです。

未来を完璧に読み解くために占いがあるのではなく、
未来をよりよくするための
努力の手助けをするために占いがあるのです。

 

こんなこと言ったら、
占いなんて意味ないんちゃうん?
無力なんじゃね?

って言われてしまいそうですが、

そういうわけではないんですよ。

 

占いにより、僕たちが人生でどんなことを
頑張ったらいいのかがわかってくるだけで

どんな行動をすれば良いのかが、

かなり見えてくるからです。

 

六竜法占い

 

ネットで六竜法と検索してみてください。

〜羽賀ヒカルの北極占い〜
ってサイトが見つかると思います。

 

で、生年月日を入れて無料鑑定を受けてみてください。

あなたの人生のテーマが出てくるはずです。

ちなみに僕は、「水竜」でした。

 

これを元にどう行動していくか?

それが大事なんでしたよね。

 

僕の場合だと、水竜なので
テーマが「水に流して次に進む」です。

つまり、

失敗すればするほど成長する。

だから、失敗を恐れずに挑戦しろ!

 

それと、
自分の失敗を水に流すことも大事だけど、

人への恨みや過去への執着なんかも
水に流していけば

どんどん自然の流れの中で
回っていけるよ!

 

ってことです。

このことを知れてほんと嬉しかったですね。

だって、
失敗すればするほど成長する
星の元に生まれてきたわけですから、
もうこわいものなんて何もないじゃないですか。笑

”失敗するだけで丸儲け”状態です。

 

ちなみに有名人でいうと、
イチロー、美輪明宏、島田紳助、
そして、ミスチルの桜井さんもそうでした。

 

占いって結局、
こうやって人々を勇気づけていくものなんですよ。

人ってこういうエネルギーもらえれば、
それだけですごい成果を生み出したりしますから。

 

 

今回は、情報という概念が出てきて、
何いっているかわからないって人も
いるかもしれませんが、

ようは、
宇宙誕生の無の状態には、
目に見えないけど、”エネルギーがあった”

っていうことだけ思っておいてください。笑

 

 

今回もまた一つ次元が上がったのではないでしょうか?

 

まだまだ続いて行きますよー!

異次元へとどんどん進みましょう。

 

ではまた!

ありがとうございました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いている人 - WRITER -
上谷 ゆう
ミスチルと祭りが好き。大学卒業後はとある組織に就職。しかし、現代社会に敷かれたレールの上を走り続けるも何か違和感を感じていた。そんな折、ネット上で生み出される教育とエンターテイメントの世界に魅了され、自分の可能性を広げるため新たな世界へと進むことに。魂レベルで人生を楽しむ!そんな人を増やすために。愛と勇気を胸に人生を旅するめちゃくちゃ運が良い元甲子園球児。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Starting Over 上谷ゆう公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!