お問い合わせ等はこちらからお願いします。

魂レベルで人生を楽しむ。そんな人でいっぱいにしたい。ひとりの仲間から、一つの言葉から、そして一つのコミュニティから。愛と勇気を胸に人生を旅する元甲子園球児の物語。

上谷ゆうの”軌跡”

 

はじめまして、上谷ゆう と申します。

ミスチルお祭りをこよなく愛する
元甲子園球児でございます。

ちなみに好きな女優は、芳根京子さんです。笑

 

これから少しの間、僕の紹介をさせていただきます。

僕が、高校時代に甲子園に出場し、
高校卒業後から就職した後もずっと抱え続けてきたモヤモヤ

そして今の活動にいたるまで、

 

どんな経験をして、どんな思いで生きてきたのか
そんなことが何となくわかるように書いています。

 

それではどうぞ!
お楽しみください❤️

 

承認欲求と就職

 

僕は今、滋賀県に住んでいて、
平日の昼間は、サラリーマンとして働いています。
現在27歳です。

 

高校→大学→就職
と一般的な社会のレールに乗ってこれまで生きてきました。

小学2年生から中学までは
ひらすら野球を頑張っていたので、

高校進学時には、
智辯和歌山など強豪校からの誘いもありましたが、
地元の高校へと進みました。

 

結局、進学した高校では強豪校に負けず劣らず、
朝から晩まで野球漬けの毎日を過ごすこととなりましたが、、。笑

 

しかし、
その甲斐もあって甲子園に出場することができました。
甲子園は、野球を始めた頃からの憧れでした。
(ちなみに小学生の時の夢は、プロ野球選手になって
 松井稼頭央選手のようにトリプルスリーを獲得することでした。笑)

 

甲子園出場が決まると
熱闘甲子園的な番組で個人的に特集も組んでいただき
テレビで全国デビューすることにもなりました。笑
(僕の場合、春のセンバツだったので熱闘甲子園ではありませんでした。)

 

 

大学進学は、
高校時代に勉強をサボってしまったので
かなり苦労しました。笑

この頃から、
人生の目標を失ってしまい自問自答の旅が始まります。

(野球というそれまでの自分を象徴していたアイデンティティ
が崩れ去ってしまったことが大きな原因でした。)

 

そして
なんとなく周りと同じように一浪して
なんとなく周りと同じように大学に進学していきました。
(進学校だったので、勉強ができる人が多かったです。)

 

しかし
大学進学後は、日々、自問自答の連続です。
自由な時間が余計にそうさせました。

将来どうなりたいのか、、
何をしたいのか、、
こんなことしていていいのか、、
自分がやりたいことはなんなのか、、

 

肉体的に辛かったけど
野球をしていれば、みんなに認めてもらえた
そんな高校時代の方がよっぽど楽だったことに気がついたのです。

 

そして、
ずっと自分自身に素直になれない自分がいました。

 

結局、人生の目標を見つけることはできませんでした。
(いや、本当は気づいていたのかもしれませんが、
 行動に移せなかったと言った方が正しいのかもしれません。)

 

むしろ

野球を失って、認めてもらえるものがなくなった僕は、
ただただ承認欲求だけが増していったのです。

そして、最終的に選んだのは、
多くの友人と同じように就職という道でした。

 

 

居心地の良さと物足りなさの狭間で感じていたもの

 

僕は運良く、世間的にも名が通っている組織に就職することができました。
(会社とかではなく、あえて「組織」と表現しておきます。)

職場の仲間に恵まれ居心地もよかったので、仕事自体は楽しくやっていました。
それにはじめの職場では、比較的仕事に裁量があったので、
仕事のスケジュールも自分で組み立てて、かなり自由にやっておりました。笑
おまけに休みもしっかりと取れたので、今思うとかなり充実していました。

 

土日には、
フットサルして遊んだり、
そのメンバーとお泊まりBBQ大会をしたりしてました。
(最初は男子数人だったコミュニティメンバーが、最終的には男女含めて60人くらいになっていました。)

草野球もしていました。
「世代を超えて、野球を通じて繋がれる感じ」がすごく楽しかったなぁ、、。

のちには、会社の野球部(軟式)に入部し、そこでも暴れまくっていました。笑
(一応、現在も続けています。)

 

あと、音楽活動も就職してから始めました。
僕自身、大学卒業間際に独学でギターを始めた人なのですが、
楽器を触ったことのない素人を集めて、バンドを結成。
その後、島村楽器の大会や地域のお祭り、イオンでのクリスマスイベントなどなど
未熟ながらライブをさせていただく機会をいただきました。
(音楽活動は、今後もどんどん幅を広げていきたいと思っています。)

 

話せばもっとあるのですが、(裏話も含めるともっと、、。笑)
こんな感じで、就職後もいろんなことに挑戦していたのです。

 

 

しかし、

何か物足りません、、、。

 

 

休みの日の活動は充実しているし、職場も楽しい。
でも、実際どうなんだろう、、、?

確かに今の仕事は休みもあるし、安定もしている。
だけど、給料はそれほど高くもないし、
頑張ってもそれに見合う給料をもらえるわけでもない。

基本的には、時間の切り売りをして、年齢を重ねていくことでしか、
給料は上がっていきません。

 

ぶっちゃけ、
それじゃ仕事に対するモチベーションを上げるのは、
僕にとってはかなり難しかったのです。

 

職場は楽しくても、
仕事自体には熱くなれていなかったのです。

 

 

人生の多くの時間を占めるが仕事。。。

 

それなのに、
仕事に燃え上がれないなんてヤバくないか、、?

今後40年以上の間、給料を貰うためだけに
今の仕事を続けていてよいのだろうか、、?

このままただ生きて、
結婚して、子どもをつくって、育てて、、、歳を重ねていく
本当にそれでいいのか、、?

 

、、、、、、

、、、、、、

 

こうやって
仕事に対して、ふつふつと疑問を抱いていたのでした。

 

それもそのはず、

僕は仕事を選ぶ際、
承認欲求を満たすことを最優先にしていました。

 

自分の価値基準で仕事を選んでいなかったのです。

 

 

世間の目を気にして選んだ仕事。

 

そこに燃え上がれものや魂レベルで夢中になれるものなど
あるはずありません。

 

 

自問自答の日々が続いていきました。

仲間に恵まれ楽しいこともたくさんあったのですが、
高校を卒業してからずっと抱いていたモヤモヤは、何も解消されていなかったのです。

 

 

決断を強めた大きな転機

 

そして

大きな転機がやってきます。

 

人事異動でした。

4年目で本部へと異動することとなったのです。

 

本部は事務所と全く違っていて、
まるで別の会社であるかのようでした。

書類や書類を入れたダンボールが山積みになっており、
雰囲気は、どよーんとしていて、暗いし、重いし、汚いし、
そこにいるだけで疲れてしまうような空間でした。

働いている上司や先輩たちは
いつも何かに疲れていて、
ピリピリしていたり、イライラしたりしていました。
挙句にはそういったストレスに耐えきれず、
精神病を患い、長期休暇を取っている職員もいました。

そんな職員を見て、根性がないだの、仕事ができないからだの、、
そんなことを言う人もいて、この職場には、あたたかみがないなぁ、、。
と正直かなり失望していました。

 

このような雰囲気は、自分の職場だけではありません。
本部全体に広がっていて、かなり根深いものがありました。
(みんな日々の業務に追われすぎていて、余裕がないのです。)

 

本部に対して、多少ばかりの希望を抱いていた僕にとって
このことはかなりのショックでした、、。
(本部でバリバリ働く姿をイメージして、それがカッコいい!
と思って、事務所で頑張っていた自分もいましたから。笑)

 

 

そこで僕は、
強く思ったのです。

ここで40年以上、働き続けるのは違うと。

 

熱くもなれない仕事を
命をすり減らし、人から文句を言われないよう毎日こなしていく。

挙げ句の果てには、
ストレスを抱えて精神的にも肉体的にも不健康になっていく。

そんなのは絶対に嫌だと心底思ったのです。

 

それは、仕事と言うよりも作業の日々でした。

 

 

新たな世界への誘いと出会い

 

そうして僕は、自分の可能性を広げるためにも
すぐさま新たな仕事を探しはじめました。

 

 

そして
とある世界に出会います。

インターネットビジネスの世界です。

 

そこにはこうありました

「あなたの好きなことで稼げます!」

と。

 

本当かよ、、。

という気持ちと、
気になる、、、。

という気持ちがぶつかり合い、
僕は飲み込まれていきました。

とあるビジネススクールに入会し、
ネットビジネスの世界へと片足を踏み入れることとなったのです。

 

足を踏み入れたものの、

やはり、
何か胡散臭そうなものばかりです、、。

 

お客さんを不当に煽って、高額塾に勧誘したり、
実際、詐欺まがいな商売をしているクソみたいな輩がいっぱいいました。

それに
僕が最初に見た世界では、
ツールを使って、ひたすら転売している人が多く目につきました。

 

転売自体、売り手と買い手の間に価値が生じており、真っ当なビジネスだと僕は思っているのですが、
(僕自身、チケットを買ったりするとき転売屋さんのお世話になることも、たまにですがあります。w)
その人たちの話を聞くと、
お金を稼ぎたい!という気持ちが伝わってはくるのですが、
実際は、単純な作業の繰り返しに嫌気がさしている感じがして、
どこか不健康な感じが隠しきれません。

それに高額塾が開発したツールを使って、
アマゾンやメルカリなどのプラットホームで大量の物品を転売するという手法がほとんどで、
教えられている手法が一元化しているところや
システムやプラットホーム頼みなところに何か違うなぁと感じていたのでした。

お客さんの顔の表情を想像することもなく、画面越しの数字ばかり気にしている、、。
お金を稼ぐことばかり考えていて、私生活は荒れている、、。

 

この人たちは本当に幸せなのだろうか、、?

そう疑問に思っていました。

それもそのはず
たとえお金を持っていても
僕には、その人たちがすごく不自由そうに映っていたのです。

 

僕自身、お金があれば選択肢の幅が広がるので、お金は好きですし、
お金を稼ぐことは大いに結構なことだと思う。

だけど、
この人たちも僕と同じように、
自分の可能性を広げたり、自由になりたいからビジネスを始めたのじゃないのか?

 

お金に縛られて、逆に不自由になっている、、。

そもそも好きなことで稼いでもないし、
それでいて、お金に縛られて不自由になってる
ってどういうことだ、、!

 

そんなことを強く感じていたのでした。

 

 

僕が求めていたのは、

好きなことをベースに
自由に生きていける仕事をする

ことだったのです。

 

 

 

そんなあるとき
とある人物と出会います。

 

そこには、

僕が求めていた
美しい世界がありました。自由がありました。楽しさがありました。

愛と勇気、それに希望がありました。

 

やっと見つかった、、

僕がやりたかったのはこれだ、、、!

 

 

その瞬間、
一筋の光が道を開けたのです。

 

こうして僕は、
インターネットを使って
たくさんの人の人生を良くしていきたい

そんなビジネスをしよう

 

そう覚悟を決めたのでした。
(結局、ネットはあくまで手段に過ぎません。)

 

魂がうごめくような本当に楽しい人生を歩むために

 

 

この世にはそもそも価値などありません。

価値は自分が作り出すものであって、見出すものです。

 

お金持ちであることや大学を卒業すること、
甲子園に出場することなどに、

そもそもなんの価値もないのです。

 

ですが、
その価値が自分で見出したものであるのならば、、、

価値があると言えます。(どん!)

 

 

ですが、僕たちは大人になるにつれて
そんなこと忘れていってしまいます。

 

多くの人は、できるだけ社会的に良いとされるものを
選んで、なんとなく一生を過ごしていきます。

 

しかし、

それは本当に心の底、
いや魂レベルで楽しい人生と言えるでしょうか?

人が人生の最後の瞬間で一番後悔することは
”挑戦しなかったこと”だそうです。
(誰もが一度は耳にしたことがあると思います。)

 

はっきり言って、多くの人がこれに当てはまってしまいます。

だって、そもそもほとんどの人が自分で価値を見出すことなく
人生の選択をしてしまっているからです。

 

 

だからこそ、

たくさんの人が心の底から
自由に楽しく生きていくためのヒントを見出すこと
そして、そうやって生きていく方向へと導いていくこと

それが僕の役目だと思っています。

 

人生を魂レベルで楽しむ!
そんな人を増やしていって、世界中をHAPPYにしていく。

それこそが僕の目指す世界なのです。

 

人生、ちょっとくらい無茶したって大丈夫です。

たとえ僕らが死んだって、世界は何も気にしません。笑

 

それよりももっと怖いのが、
自分の気持ちを押し殺して、今の自分を正当化して、
ただ何となく生きて、死んでいくことです。

 

人間、裸で生まれて、裸で死んでいきます。

 

死んだ時、
あの世にお金や財産、学歴、地位名声など持っていけません。

持っていけるものは、
この世でどれだけ熱い信念を持って、おもしろおかしく人生を歩んできたか

 

ただそれだけです。

 

 

それなら、
今の自分の殻に閉じこもってないで、
さっさと自分の中にある熱い思いをほじくり返して、殻から抜け出し、
自分だけの人生を切り開いていけばいい!

 

そう僕は思うのです。

 

少し熱くなってしまいましたが、
ここで僕のことを知っていただいたのも何かの縁だと思います。

 

よかったら、
僕とともに、おもしろおかしい人生への扉を拓けていきましょう。
そして、ともに成長していきましょう!

 

大丈夫。

きっと良い未来が待っています。

 

最後に

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
僕の紹介は、とりあえずここで終わりです。

少しは、僕がどんなやつなのか
何となくでも伝わったのではないでしょうか?笑

 

よかったらでいいので、他の記事も読んでみてください。

僕がどんな人間でどんな信念を持っているのかが
もっとよくわかると思います。笑

 

それではまた!

よかったらメッセージください。
ありがとうございました!

 

 

Copyright© Starting Over 上谷ゆう公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!